葬儀の喪主の役割

喪主には、さまざまな役割があります。今後、喪主にある可能性があるのであればどのような役割を担っているのかを知っておくと安心でしょう。やらなければいけないことがある程度わかれば、スムーズに物事を運ぶこともできるのではないでしょうか。

喪主という存在は、遺族の代表であり故人の代理でもあるという立ち位置です。葬儀に参列してくれた方やお坊さんのお出迎えなどはもちろん、お見送りをするという重要な仕事があります。また、その時にはどの人においても平等に故人の代理としてしっかり対応していく必要があります。また、葬儀の手伝いをしていく人などがいればしっかり役割分担をして仕切っていくというのも喪主の役割の1つでしょう。さらに、喪主のあいさつは重要な役割の1つなので、その点に関しては特にしっかりと役割を果たしていく必要があります。他にも、多くの役割があるので喪主になった際には細かい仕事をしっかり確認しておきましょう。

葬儀の喪主のほかに、施主というものも居ます。喪主は遺族の代表としてさまざまな役割を担っているのに対し、施主というのは葬儀を裏でまとめていく役割を担っているというものです。似たようなイメージがあるものの、基本的には多少の違いがあります。この2つを比較してみると、喪主というのは表で仕事をしている人で、施主は裏方で仕事をしているというイメージを持っていると良いでしょう。しかし、一般的には喪主と施主がわかれるということは少なく、一般的な喪主というのは施主が行う役割も担っているという場合が多くあります。

喪主の役割というのは、非常にたくさんあるのでしっかり確認しておきたいものです。しっかり喪主としての仕事さえ分かっていれば、喪主になった時に何をしたら良いのか分からないというようなことも防ぐことができます。いざ喪主になった際にも、自分のすべきことをスムーズに進めていくことも可能でしょう。葬儀で喪主になった場合には、自分が亡くなった方の代理という存在であることを意識して、しっかりと故人を弔う気持ちをもって務めるようにしましょう。