葬儀の喪主の服装

葬儀の喪主というのは、表に出てさまざまなことをしていかなければいけない存在です。だからこそ、喪主になった際には多くの人の目も考えてその場と立ち位置にあった服装を心掛けることが大切です。しっかりと正しい服装を覚えておくようにしましょう。

喪主が男性や女性かによっても、喪主の服装というのは変わってきます。最近は特に、葬儀での喪服は洋風の人が増えてきています。洋装の場合、男性は黒のモーニングとネクタイというのが葬儀という場においては適した服装です。また、もし和装を選ぶとなった際には黒の紋付き袴というのが正装になるので覚えておきましょう。女性の洋装は、黒のワンピースやフォーマルスーツが正しい正装です。この時、柄の付いたものなどは選ばないようにしましょう。また、光沢のない布を選ぶというのも重要な点です。靴やタイツなども黒のものを選ぶのが適切です。和装の場合は、黒無地の着物に黒の小物で統一していくというのが正しいスタイルです。

喪服には、正式なものと略式のものというのが存在します。最近では、略式を着るという人も増えてきているので、略式の喪服でもしっかりと着用方法を守っていれば間違いではありません。しかし、正式の喪服というのは喪主の方や遺族の方などが着るものなので、もし喪主となった際には正式の喪服を選んでおくと間違いはないでしょう。また、女性の場合は、付けるアクセサリーなどにも決まりがあります。葬儀の喪主となった際にはその点についてもどうしたら良いのかしっかり確認しておきましょう。葬儀でつける女性のアクセサリーは、パールの一連のネックレスというのが一般的です。

喪主と言う表に立つ立場である以上は、間違った服装をしてしまうと非常に恥ずかしい思いをする可能性もあります。そんなことが起きないようにするためにも、葬儀の喪主になった際には正しい服装や小物を身に着けていく必要があります。葬儀の際の服装に悩んでいたという人も、上記の内容を参考にしっかりとその場にあった服装をチョイスして自分の仕事を果たしましょう。