葬儀の喪主のあいさつ

葬儀の場において、喪主のあいさつというのは非常に重要な仕事です。多くの参列者の方の前で読むことにもなるため、どう挨拶していったら良いのかなどは喪主になった際には事前にしっかりと把握しておき、喪主のあいさつを成功させていきましょう。

喪主は、葬儀の中で何回か挨拶をしなければいけないこともあります。通夜のあいさつの場合は、忙しい中弔問に駆け付けてくださった方々に対してお礼を述べるという意味が込められています。そして、告別式のあいさつは一連の葬儀の流れでも最後のあいさつになります。通夜のあいさつと同様に、参列してくださった方への感謝の意を述べることとなります。それに加えて、葬儀の中でももっとも悲しみが深くなってしまう時間でもあるため、しっかりあいさつをするために紙にあいさつの文章を書いて読むという方も少なくありません。

喪主としてあいさつをする場合には、気を付けなければいけないこともあります。それが、挨拶の中で使用する言葉です。一般的に葬儀の場では不幸を繰り返してしまうイメージがつくことからも、重ねてやますますな同じ言葉を繰り返すような言葉は忌み言葉としてご法度とされています。なので、喪主あいさつを考える際には忌み言葉の使用をしないように注意を払っていく必要があります。使用してはいけない言葉については、複数存在しているため、喪主あいさつを考える際には細かく調べてから考えるようにしておきましょう。そうすれば不適切な言葉をあいさつにチョイスしてしまうことも防げるのでしっかりとした喪主あいさつを考えることができるでしょう。

喪主があいさつをする場面は、非常に重要なシーンでもあります。注意すべき点などをしっかりと守りながら、あいさつを決めていきましょう。また、紙に書いて読んではいけないという決まりもありませんので、暗記するのが難しいという場合には紙に書いてみながら読むという方法でも大丈夫です。自分のしやすいやり方で、みなさんへのあいさつをしっかりとしていくように心掛けていきましょう。