知っておきたい葬儀の喪主マナー

葬儀の喪主とは何か

葬儀の喪主とは何か葬儀を進めていく上では、喪主という存在がいなければ成り立ちません。自分の家族が存命であれば、自分が喪主になるということもこの先発生していたかもしれないので、しっかりと喪主に関することを知っておきましょう。

喪主というのは、葬儀を主催していく人のことを指します。葬儀の準備を進めていくという役割を担っているので、居なければ成り立つことはないでしょう。ですから、葬儀をしなければいけないとなった時には、まず最初に喪主を決めるということからスタートしていくと考えられます。喪主が、葬儀にまつわる具体的なことを決めていくので喪主が居ないと細かいことの打ち合わせを進めていくことは難しくなります。

まず、喪主を決めるとなった場合には、配偶者がいる場合は配偶者が喪主になるパターンが一般的となっています。ですが、配偶者が居ない場合には故人の子供や両親、兄弟というようになるのが一般的でしょう。また、女性だから喪主になってはいけないということもないので、女性が喪主になるケースというのも多くあります。絶対にこの人がならなければいけないという決まりもないので、喪主を決める際には話し合って誰が一番ベストなのか相談してみると良いでしょう。

基本的に、喪主というのは葬儀を仕切る役割をしていますが終えたあとにも、四十九日や一周忌など法事を行わなければいけないことがたくさんあります。喪主というのは、葬儀を終えたあとにも仕切ることが多数あります。葬儀修了後は少しずつ落ち着いていきますが、その後も自分で仕切っていかなければいけない行事があるということは理解しておくことが必要です。多くはないですが、場合によっては兄弟で一緒に喪主を務めるというケースもあるので、時と場合によって喪主をどうするのか決めていくといいでしょう。

やることがたくさんあるので、どうしても葬儀が終了するまではバタバタしがちな喪主ですが、故人を弔う上では居なければ話が進まないほど重要な役割があります。だからこそ、喪主になった際にはしっかり決めるべきことを決めていきましょう。また、故人に血のつながる親族などが居ない場合には、親しい友人が居れば友人が喪主をするケースもありますし、葬儀会社が喪主を務めるというケースも存在しています。さまざまなパターンがありますが、喪主になる可能性がある場合はしっかり知識として覚えておくことができれば、いざという時も安心できるでしょう。

最新記事